ニュース

業界最小クラス 産業用イーサネットスイッチEDS-2000-ELシリーズ登場

2020.02.14

 

パフォーマンスに優れた極小サイズのイーサネットスイッチ

Moxaがお届けする新製品、EDS-2000-ELシリーズは、クレジットカードとほぼ同じサイズで、先進的な機能が詰め込まれたモデルです。効率的なネットワーク環境の導入により、ユーザーの工数とコストカットに大きく貢献します。
また、EDS-2000-ELシリーズは従来のアンマネージドスイッチよりも堅牢なメタルハウジングを採用しています。
重要なデータ伝送のためのQoS機能を搭載し、マシンや現場でのイーサネット接続の信頼性をより高めます。

 

主な特長



超コンパクトサイズ

超小型化を実現。限りあるマシンやキャビネット内に新たなスペースを生み出し、より多くのデバイスを活用することができます。


 

 


らくらくデータ制御

DIPスイッチを切り替えるだけでQoSとBSPが有効化。データフロー効率を向上してアプリケーションのデータ損失と運用コストを削減できます。


 

信頼の高耐久性

産業用の仕様を満たす設計。EMC耐性が高く、過酷な環境でも24時間365日の信頼性を維持できる幅広い動作温度範囲を備えています。



 

QoSの仕組み


QoS(Quality of Service)とは、重要なデータを高い優先度で送信する事ができる仕組みです。

QoSを実装していない場合、ネットワークが集中し混雑していると、伝送中に重要なデータが失われる可能性があります。

QoSは一般に、マネージドネットワークスイッチや、PROFINETデバイスなどの一部の制御機器では実装されますが、アンマネージドのスイッチではほとんど使用されません。

EDS-2000-ELシリーズは、追加の設定を必要とせずにDIPスイッチを切り替えるだけでQoSを使用できるため、最適化されたデータ転送が必要なファクトリーオートメーションに最適です。


こんな場所・目的に最適


重要なデータの転送に

配置換えの多い場所に

コストの削減に

コンパクトな機械に

小さなキャビネットに

寒暖の激しい場所に

詳細

EDS-2000-ELシリーズはハウジングの材質を選ぶことができます。それぞれ詳しい情報は下記をご覧ください。

シリーズ名をクリックすると詳細をご覧いただけます。
メタルハウジング プラスチックハウジング
EDS-2005-ELシリーズ EDS-2005-ELPシリーズ
EDS-2008-ELシリーズ EDS-2008-ELPシリーズ